私たちについて 

信州上田 うなぎ若菜館
信州上田 うなぎ若菜館
若菜館

街ゆく人を元気づける伝統の味 若菜館の創業は、信州・上田に鉄道が開通して間もない明治30(1897)年。初代は中山道追分宿で旅籠を営んでいましたが、上田駅の開業に伴って駅前へ移り、料理店を開いたと伝わっています。 当時は絹糸を輸出する蚕糸業で街がとても栄えた時代。初代は“商用や旅行で上田を訪れる人に、元気が出る食べ物を”と、うなぎを専門に商い始めたのです。 それから一世紀以上の時が経ち、街並みは大きく姿を変えましたが、私たちはお客様に愛されてきた初代からの味とおもてなしの心を守り、日々うなぎを焼いております。 当館のうなぎは、厳選した産地からしっかり太ったものだけを使用。調理の直前まで澄んだ井戸水に泳がせて鮮度を保ちます。五代目当主をはじめ、この道ひと筋60年以上という職人達が、蒲焼き2枚で1匹分という大きな身を炭火で白焼きにした後、関東風にふっくら蒸しあげ、さらに代々の女将だけがレシピを守り、継ぎ足しながら使われているタレで香ばしく仕上げます。 「うなぎ蒲焼き真空パック」は、当館でお出ししているうなぎ蒲焼きをそのまま真空パックにしてお届けする商品です。伝統の味をご家庭の食卓で、また大切な人への贈り物にご利用ください。 そして機会があればぜひ、信州・上田の若菜館にもお越しください。お客様の幸せなひとときに私たちのうなぎがあり続けられるよう、味とおもてなしを磨いて参ります。 鰻 若菜館 長野県上田市天神1-6-1 若菜ビル2F 北陸新幹線上田駅 お城口より徒歩1分 上信越自動車道・上田菅平I.Cより車で10分 TEL 0268-22-0127 FAX 0268-24-0286